CPAP(シーパップ)を購入したい方」や「CPAP(シーパップ)の輸入方法が知りたい方」必見★ 【CPAP自己所有(輸入)の為の完全マニュアル】です。

 

  • CPAP(シーパップ)のレンタルをやめて、自己所有(購入)を検討している方・・
  • 2台目の予備CPAP(シーパップ)や、旅行用CPAP(シーパップ)として自己所有(購入)を検討している方・・
  • CPAPの輸入方法が分からない方・・・

朗報です!!

【CPAP自己所有(個人輸入)の為の完全マニュアル】ができました。
マニュアル

睡眠時無呼吸症候群の症状緩和の為にCPAPは大活躍してくれます。

SASの強い味方であるCPAPですが、使用するには病院からのレンタルが必須です。(皆様はもうご存知だと思いますが・・)

患者の皆様は、CPAPを継続利用する為に月に1回の通院を余儀なくされている事でしょう。

 

 

 

 

毎月の通院は負担になってしまいます。例えば・・・・・

  • 通院時間 
    (例, 1回5,000円とすると・・  5,000円×12ヶ月=60,000円   5年=300,000円)
  • 通院費用  
    (例, 1回1時間とすると・・  1時間×12ヶ月=12時間(半日)  5年=60時間(2.5日))
  • 平日のお仕事をされている方は、毎月必ず休日が1日ないし半日は潰れてしまう
  • 通院している時点でSASの診断がおりているので(通院歴が残る)、生命保険に入りづらい・・

マニュアルはこちらです。

これらのご負担ですが、CPAPの”自己所有”つまり、海外から個人輸入にて購入すれば解決できます。

CPAPを自己所有(海外から輸入/購入)すると・・・

当たり前ですが、

  • 自己所有(海外から輸入/購入)すると、月1回通院の負担がなくなります。
    (もちろんお体の事を考えると定期的な診察は必要です)
  • 自己所有(海外から輸入/購入)すると、今まで通院に当てていた時間を有効活用できます。
    (ご家族と過ごすも良し、趣味に没頭するも良し)
  • 自己所有(海外から輸入/購入)すると、通院歴もなくなり、生命保険への加入が有利になります。
    (2年ないし3年で通院歴がきえます)

自己所有にてこれら様々な恩恵を享受できます。

 

ではどうやってCPAPを自己所有するのだろう?という疑問が湧いてくるかと思います。
自己所有するには・・

 

そもそもCPAPを自己所有するには・・・

方法は様々です。

  1. Yahooオークション等のネットオークションで落札して購入する。
  2. 知り合いのSAS患者から購入する。
  3. 海外から個人輸入にて購入する。
  4. 輸入代行業者を使い、輸入のサポートを受け購入する。

ただし、安易な購入は要注意です。
上記①②の購入方法は日本の薬事法違反の片棒を担ぐ事になります。
CPAPは医療機器に該当しますので、オークションで販売したり、知り合いに販売したりする行為は薬事法違反になります。購入した側も違反の片棒を担ぐ形になります。
(処罰の対象になるかならないかは置いておいて・・)

薬事法違反を犯している人間からCPAPを購入していいのでしょうか??
答えは「やめて下さい。」です。
違反行為を助長する事になりますので、法的に認められているCPAP個人輸入に対しての規制強化に繋がりかねません。

つまり、安易なCPAPの違法購入は、
本当にCPAPが必要だから個人輸入を試みて自己所有をしようとしている方々に迷惑がかかります

 

ですので、必ず③④の方法でCPAPの購入して自己所有をして下さい。
④の方法で購入する際は、是非とも我々CPAP輸入サポートの「CPAP-Supply.JP」にお任せ下さいね(^^)

 

 海外から個人輸入にて購入するには・・

こんにちは、CPAP-Supply.JPです。
冒頭でお伝えしましたが、【CPAP自己所有(個人輸入)の為の完全マニュアル】ができました。マニュアルはこちらです。

マニュアル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前置きが長くなりましたが、こちらの自己所有の為のマニュアルの説明をさせて頂きます。

「CPAP-Supply.JP」では、現在まで、約100件程度のCPAP輸入サポートをさせて頂いておりまが、
そんな、我々のCPAP輸入(輸入)ノウハウをこのマニュアルに“凝縮”しています。

このページをご覧頂いているという事は、CPAPの個人輸入(海外からの購入)は初めての方だと思います。
初めての方は絶対に不安だと思います。その様な方々の為のマニュアルですのでご安心下さい。
輸入(購入)手順を極限まで標準化していますので安心して自己所有して頂けます。

CPAP輸入方法が全く分からない方でも安心して頂ける内容だと自負しております。

 

「CPAP-Supply.JP」のパートナーショップである、CPAP-Supply.COMからの購入方法を
特別に公開しますので、ショップ内からお目当ての商品を探して頂くだけで結構です。

ショップ内にお目当ての商品が無い場合も想定されますので、他のリサーチ方法もご紹介しています。

 

内容としては、「商品検索方法」・「国際決済方法」・「通関処理方法」等のすべてをステップ形式で解説していますので、
これ一冊でCPAP探しから通関処理まで対応が可能です。

マニュアルに従うだけで、個人輸入(購入)が可能でCPAP自己所有ライフが手に入ります。
実はCPAP輸入方法はシンプルな手順を踏むだけなのです。

 

英語ができない方は・・・

ご安心下さい。英語ができなくても、CPAPを個人輸入⇒自己所有は可能です。

商品を購入(輸入)する際の英語でのコミュニケーションが必要な場面は本当に僅かです。
しかも、やりとりはすべてメールです。
殆どの場合は数パターン程の英文をやりとりする事でクローズしてしまいます。

ですので、CPAP-Supply.JPの過去の購入(輸入)履歴から、
最も必要なパターン英語文をケースごとに公開しています。

あなたはこの英語の例文をマニュアルで指示されたタイミングで
コピー&ペーストでメール送信するだけで大丈夫なのです。

 

【CPAP自己所有(個人輸入)の為の完全マニュアル】 目次・章立て

▼全50ページの内容▼

Step1、あなたにあったCPAP選定方法

Step2、あなたにあったマスク選定方法

Step3、掘り出し物を探す!! 海外CPAPリサーチ方法

Step4、だれでも出来る!! 薬監申請記入方法・提出手順

付録1、英語パターン別例文集

付録2、google翻訳を使って訳そう 

 

購入者様の感想

【ポータブルCPAP購入のA様】
51頁もある非常に丁寧にまとめられた資料で驚きました。

なお、今回入手できましたHDM社のZ1 Travel CPAP およびPowerShell Battery は、いずれも快調に作動しています。

また、今回初めて鼻孔に当てるタイプのマスク(Philips Respironics社のNasal CPAP Masks)に変えてみましたが、装着したまま眼鏡を掛けたり水を飲んだり出来ますので、とても便利です。お勧めです。鼻孔に当てるパーツもL,M,Sの3種類が同梱されており、安心でした。ありがとうございました。(2014年5月16日)
【加湿器付きCPAP購入のC様】
最初は不安でしたが、マニュアル通りに行うと、案外簡単に購入ができました。難しい思っていた自己所有が簡単にできてしまいました。ありがとうございました。(2014年6月21日)

 

【CPAP自己所有(個人輸入)の為の完全マニュアル】 特典

まずは、このノウハウを試してみてください。
そして、この中のたくさんのテクニックを試してみてみてください。
きっと、欲しいCPAPが手に入ると思います。

ただし・・
輸入に関しては、イレギュラーな事態が発生することは決して0%ではありません。
どうしても、自分で対処出来なくなった場合に備えて、本マニュアルご購入者様には、

CPAP-Supply.JP 輸入サポート
5%引きとさせて頂きます。※1度きり

いかがでしょうか?
最悪は我々にお任せ下さい。

つまり、マニュアルを購入頂いた方は、最悪我々に輸入サポートを依頼しても、
通常に輸入サポートを依頼するよりもお得という事です。

マニュアルを購入してチャレンジして頂いた方々への出来る限りのサービスでございます。

マニュアルはこちらです。

 

マニュアル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

=============================================
”CPAP-Supply.JP”
米国のCPAP販売業者とタックを組んでCPAPを安全且つ
スムーズに個人輸入(海外からの購入)できるお手伝いを行います。

CPAPを自己所有して月一の通院をやめたい方は
こちらからその旨をお知らせ下さい。
=============================================

 

こちらの記事も参考にして下さいね(^^)
CPAP BIPAP その違いは??
CPAP治療 どのくらい費用がかかるの?
購入可能CPAPのご紹介 ★価格つき★

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ