睡眠時無呼吸症候群のahiとは? その基準は?

こんにちは。
鈴川です。

今日は、ahiというキーワードについてお伝えします。

ahiとは何でしょうか?!

それは、睡眠時無呼吸症候群の程度を示す基準です。

重度、軽度といった度合いをahiという値にて判断します。

ちなみに、このahiは閉塞型睡眠時無呼吸症候群の度合いを示す基準であり、中枢型には当てはまりません。


ahiの考え方

その前に低呼吸と無呼吸について説明します。

•低呼吸について
睡眠中の気道閉塞により、呼吸が、10秒以上換気が50%以下になり、呼吸が浅くなった状態を、低呼吸と呼びます。

•無呼吸について
睡眠中の気道閉塞により、呼吸が
10秒以上呼吸ができない状態を無呼吸と呼びます。

で、
睡眠1時間あたりの、無呼吸と低呼吸の回数を合計したものを無呼吸低呼吸指数
(AHI: apnea hypopnea index)とよびます。

 

要は、
睡眠中に何回くらい低呼吸と無呼吸になったかの数で、症状の程度を決めています。

睡眠時無呼吸症候群の診断基準は?!

日常症状の診断とahiの値で診断を行います。

以下の状態が睡眠時無呼吸症候群の診断基準となります。


■5回以上の無呼吸・低呼吸状態(AHI>5)が生じて、(1時間あたり)
 且つ、日中の眠気、倦怠感、中途覚醒などの自覚症状を伴う場合
 ※無呼吸、低呼吸が5回以上の場合は(AHI>5)と表現します。

■7時間の睡眠中に30回以上無呼吸がある場合


ちなみに、AHIが5以上というのを一つの基準にしているのは、5を超えると高血圧を伴いやすいというデータに基づいているためです。

Ahiの基準は?!

以下の様に程度診断を行います。


軽症 5 ≦ AHI <15
中等症 15 ≦ AHI < 30
重症 30 ≦ AHI
(成人の睡眠時無呼吸症候群 診断と治療のためのガイドライン 2005)


 
ahiの測り方

ahiはどの様に測定するのでしょうか?

一般的には、簡易睡眠検査でahiの測定が可能です。

簡易睡眠検査は、自宅にて行うことが可能で、検査用の機械を睡眠中に装着します。
そして、そのデータをもとにahiの測定、分析を行います。

通常は、簡易睡眠検査の結果だけで、睡眠時無呼吸症候群かどうか、症状度合いの診断ができます。

この基準でCPAP療法が必要かどうかも判断できます。

しかし、簡易睡眠検査結果の解析から、さらに詳しい検査が必要であると判断された場合は、
終夜ポリソムノグラフィの検査に進む場合もあります。
終夜ポリソムノグラフィは簡単に言うと、病院に一泊する検査です。

検査については、こちらでも解説しています。

 

ahiと保険

保険適用される基準は以下の通りです。


■簡易睡眠検査でAHIが40以上
■終夜ポリソムノグラフィでAHI20以上


この基準を満たせば、
保険で治療を受けられるので、
CPAPレンタルは5000円程度です。

満たない場合は
自己負担となりますので、CPAPレンタルは15000円程度となります。

保険適用外イコール治療が必要無い訳ではありませんので、
基準に満たないが、日中の症状に悩まされている方からすると、納得がいかない所がある様です。

 

ahi20以上の場合は?!

AHIが20回以上の場合、
診断後に5年間生存する患者さんの割合は84%(死亡率は16%)、8年間ではさらに下がって60%という報告があります。
http://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=42

 

併せてお読み下さい。
睡眠時無呼吸症候群 SAS その危険性とは??
CPAP治療(療法) どのくらい費用がかかるの?

 

=============================================
”CPAP-Supply.JP”
米国のCPAP販売業者とタックを組んでCPAPを安全且つ スムーズに個人輸入できるお手伝いを行います。
CPAPを所有して月一の通院をやめたい方は こちらからその旨をお知らせ下さい。 =============================================

無料プレゼント「CPAP輸入マニュアル」×「CPAP輸入7ステップ講座」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ