昼間に眠い・・・ やる気の問題ではなくて、【睡眠時無呼吸症候群】昼間(日中)の症状

睡眠時無呼吸症候群昼間(日中)症状とは何でしょうか?
代表的な症状は昼間(日中)の眠気です。

「昼間(日中)に眠くなる!」というと、

「お昼ごはんを食べ過ぎたからだろう・・・」
「昨日夜更かししたんじゃないの・・・?」
「やる気あるの・・・?」
「気合が足りないんじゃないの・・・?」

こんな、印象を持たれてしまいがちです。

cat

昼間(日中)に眠いのはやる気が無いのではなく、”過眠”という症状かもしれない

夜に十分な睡眠をとっているはずなのに、昼間(日中)に眠くなる・・・、起きているのがしんどい・・・という場合ではないですか?

これを過眠といいます。

もちろん、健康な人でも昼食後は眠くなるという症状!?が現れますが、
眠ってはいけない時はある程度自分の意思で起きておく事が可能です。

過眠の場合は、運転中やお客さんとの商談中、入学試験等、通常では考えられない場面で寝てしまいます。
通常の人が聞くと、「なんで???」と引くレベルの場面で寝てしまうのです。

こういった昼間(日中)の症状(過眠)が原因で、日常生活/仕事がままならないケースが多い様です。

  • 集中力がない
  • 仕事が進まない
  • 転落、転倒等の事故
  • 職業運転手の場合は周りの人に損害を与える程の大事故等
  • ケアレスミスが多い

※余談ですが、睡眠時無呼吸症候群やその他睡眠障害によって生じる経済的損失は
なんと・・3.5兆円にもなるそうです。

 

じゃこの昼間(日中)眠い症状は何で発生するの?

大きく分けて2つです。

  1. 睡眠中の身体の症状の為に深く眠る事ができずに、慢性的な睡眠不足に陥っているので昼間(日中)に眠くなる場合
  2. 脳内の睡眠を司る機能が上手く働かず、昼間(日中)に過眠という形で症状が現れる場合

1,睡眠時無呼吸症候群

ご存知の方も多いかと思います。
眠りだすと気管が圧迫されて呼吸が止まってしまう病気です。
呼吸がとまり、酸欠状態に陥ると睡眠の質が著しく低下します。

その為、上記昼間(日中)の”過眠”という症状が現れます。
併せて、夜間の無呼吸が起因して、合併症を併発する可能性が高くなります。
参考にどうぞ⇒睡眠時無呼吸症候群 SAS その危険性とは??

ダイエットやCPAP療法、マウスピースと早期の対策が必須です。

少し前だとバスの運転手の方が、運転中に過眠の症状に襲われて事故を起こしてしまったニュースが話題になりました。
運転中の眠気の割合は通常の方と比べて約4倍、居眠り運転の割合は5倍という研究結果も報告されています。

 

 

 

2,ナルコレプシー

こちらはご存知でしょうか?
睡眠時無呼吸症候群の症状とは異なり、夜間の睡眠はきちんととれているのに、
昼間(日中)、過度の眠気に襲われます。
ナルコレプシーの原因はまだ解明されていません。
ただ、白血球の状態を調べると、この病気にかかっている人には特定のタイプが多いため、何らかの体質的要因が発症に関係していることが考えられています。最近、オレキシンという脳内物質の低下が、この病気の発症に関わっていることがわかってきました。

症状としては、
日中の耐えがたい眠気です。前日の睡眠時間にかかわらず毎日起こります。

1回の居眠りは約10分-30分くらいで、目覚めたあとにすっきりするのが特徴の様です。
ただ1回の居眠りだけでなく、2時間程度経つと、また眠気がおそってきます。
急に眠気におそわれ眠ってしまう睡眠発作を起こしてしまうのです。

 

単純な睡眠不足の可能性もあります・・・

上記、2つの症状をご紹介しましたが、昼間(日中)の眠気は
単純な睡眠不足の可能性だって大いにあります。

お仕事の関係で、平日の睡眠時間が極端に短い方だと、昼間(日中)は常に眠気と戦われているかと思います。

適正な睡眠時間は人によって異なりますので、
安易な判断はできません。

もしかして、睡眠不足からくる眠気では無く、”過眠”からくる症状かも・・・

と思われた方は専門医の診断を受診されれる事が大切です。

 

睡眠時無呼吸症候群やナルコレプシーといった障害については、
睡眠時無呼吸症候群の場合はCPAPという呼吸器、
ナルコレプシーの場合は安全な薬がありますので、昼間(日中)の症状が大幅に改善される可能性があります。

※ナルコレプシーの治療の方法
日中の眠気を防ぐためには、精神刺激薬を用います。
近年はモディオダールという薬が多く使われます。この薬は作用時間が比較的長く、朝に1回服用することで夕方ころまで効果があります。
少し前までは、メチルフェニデートやペモリンという薬が多く使われていたみたいですが、これらの薬は
モディオダールに比べると副作用が強かった様です。

あとは、治療ではありませんが、昼休みや小休憩時に睡眠をとる事で、
急な発作睡眠を予防できます。
(ただ、生活週間での対応は日常生活や業務に支障をきたす事が多いので、服薬での治療が多いみたいです。)

 

こちらの記事のご覧ください。睡眠時無呼吸症候群の症状をまとめています。
睡眠時無呼吸症候群 SASその症状は??

=============================================
”CPAP-Supply.JP”
米国のCPAP販売業者とタックを組んでCPAPを安全且つ
スムーズに個人輸入(海外からの購入)できるお手伝いを行います。

CPAPを自己所有して月一の通院をやめたい方は
こちらからその旨をお知らせ下さい。
=============================================

無料プレゼント「CPAP輸入マニュアル」×「CPAP輸入7ステップ講座」

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ