睡眠時無呼吸症候群は辛いのか!?

こんにちは。
鈴川です。

睡眠時無呼吸症候群は辛いと言いますが、何が辛いのでしょうか?

web上の声や情報を集めてみました。

日中が辛い

例えば、

  • 仕事に集中出来ない
  • 朝スッキリしない
  • ボーッとする
  • 日中気付いたら寝ている
  • 常に身体が疲れている感覚がある
  • 常に強い眠気がある

等です。

こういった症状は、やはり、
仕事への影響が大きいみたいです。

 

仕事で集中出来ず、成果がでない。
寝てしまいやる気が無いと見なされる。。
等、辛いことばかりの様です。

車の運転が出来ない事から、職業も限られてしまいます。

まだまだ
睡眠時無呼吸症候群に対する、周りの理解が無いのが現状だと思います。

日中寝てしまう事に関して、こんな風に感じてしまう人の方が多いのでは?!
と思います。
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q13109075633

本人は辛いと思いますが。。
周りの理解は大切ですし、理解がない様であれば、周知も大切かと思います。

 

通院の負荷が辛い


これは、定期的な通院はCPAP療法を行っている方のみに該当します。

CPAPレンタルの為に月に一回の通院が必須です。

弊社のお客様でも通院負荷が辛い••
とおっしゃる方が非常に多いです。

あと、診察は5分位のケースが多い様で、それもモヤモヤするらしいです。
(あくまでも、お客様の一例なので、毎回きちんと診察してくれる先生もいるかとは思いますが)

以下のサイトの様に、先生によって全然対応が違う様ですね。
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q12146479967

苦労して通院してるのに、
診察が5分だとさすがに辛いですからね。

 

CPAP療法が辛い


CPAPを装着しての睡眠になりますので、辛いポイントがいくつかある様です。

◆冬場は部屋の冷気を吸い込むため、鼻が痛くて辛い

→対策として
「できるだけエアコンで部屋を暖めてから寝ます、そして朝方にタイマーでエアコンをオンに設定します。
それとこの季節は加湿器を併用しています。」との事

 

◆風邪をひいて鼻が詰まったり、鼻水が止まらないとき。また、花粉の時期も辛いものがあります。

→対策として
「詰まらないようにサトウのナザール等の点鼻薬は手放せません。
との事

http://koyamachi.seesaa.net/s/article/247867770.html

 

加湿器を使ったり、室温を調節してり、マスクの選定を工夫したりと自分に合った対策が必要ですね[?]

あとは季節関係無しに、使用感が辛い方もいる様です。
http://sp.okwave.jp/qa/q6976400.html

 

◆息苦しい

◆マスクが気になり寝付けない

等の相談は私もよく受けます。

逆に眠れなくなったのでは、本末転倒ですからね。

この場合は、以下の対策が有効です。
  •マスクタイプを変える
  •空気圧を調節する
  •ホースを長い物に変更して上から垂らす

 

どうしてもCPAPが合わない場合は、マウスピースや整体等の別の治療を検討してもよいかと思います。

以上、
睡眠時無呼吸症候群の辛いポイントをまとめてみました。

個人差があるので
必ずしもこの限りではありませんが、これこら治療を開始される方はご参考にどうぞ。

辛いポイントには
対策もありますので、ご自身に合った、対策を見つけていくのがよいかと思います。

 

以上、参考になりましたか?!
ありがとうございました。

 

こちらの記事も参考にどうぞ・・・

あなたにあったCPAPマスクの種類は??

 


CPAPの自己所有をサポートします。
”CPAP-Supply.JP”
米国のCPAP販売業者とタックを組んでCPAPを安全且つ
スムーズに個人輸入できるお手伝いを行います。

ご興味のある方はこちらからその旨をお知らせ下さい。


 

無料プレゼント「CPAP輸入マニュアル」×「CPAP輸入7ステップ講座」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ