睡眠時無呼吸症候群と旅行について

こんにちは。鈴川です。

睡眠時無呼吸症候群の方で、
CPAP療法をされている方は旅行の際、CPAPを持って行くか悩まれるかと思います。

自宅で使用するだけなら、大きさはさほど気になりませんが、
持ち運びとなると、かなり抵抗があるかと思います。

こんな障壁があるので旅行に行くか悩んでしまったり、
旅行に行くとしても、近場を選択したりと、守りに入ってしまうのは、もったいないですよね[?]

「飛行機で旅行なんてチョット••」
「ましてや海外なんて••」

せっかくの旅行なのにCPAPの事を考えないとだめなのは、嫌ですよね。

 

CPAPを旅行に持っていくには•小型CPAPを用意するのが良いです。

弊社でも、海外旅行用出張用として、超小型CPAPの引き合いを良く頂きます。

例えば、「Z1」という機種は非常に人気です。

8時間も持つ、ポータブルバッテリーもオプションで購入できますので、電源の事を考える必要がありません。

・キャンプに持参
・飛行機でもOK
とこでも使用可能なのです。

おまけに、少し前までは「固定圧タイプ」しかなかったのですが、最近は「オート圧タイプ」もリリースされましたので、
より人気が高まりました。

あとは、弊社では、
日本語翻訳版のマニュアルも用意していますので、使用も安心です。

「Z1」の宣伝になりましたが、
私は別に販売を、斡旋してマージンを受け取ったりはしてませんよ笑

良い物は、良いと「おすすめ」しているだけです。

 

飛行機に持ち込みは出来るの?!
 

機内でのCPAP使用については、
各航空会社にて、対応方針を公開していますので、利用される航空会社に確認頂ければと思います。

例えば、ANAはこんな感じです。

•機内でのCPAP利用について

お客様のCPAPが機内で使用可能なものか確認させていただきます(電磁波干渉、内蔵や外付けバッテリーの種類など)
■機内で使用する場合でも診断書は必要ありません。
■CPAPは前の座席の下などにご収納ください。
■当日安心してご使用いただけるよう、CPAPの製品名、型番、バッテリーの種類などを事前に「ANAおからだの不自由な方の相談デスク」にお知らせください。

参照•https://www.ana.co.jp/service-info/share/assist/cpap.html
 

機内の電源を使う場合以下の機種が対応しているようです。

以下は、機内での電源使用を許可されたCPAPです。
ご参考にとうぞ

  • オートセット C
  • オートセット S
  • ジャスミン(KM AUTO CPAP)
  • スリープメイト S8
  • スリープメイト S9
  • トランスセンド
  • BiPAP Auto M Series
  • BiPAP Auto M Series with Bi-Flex
  • BiPAP Auto System One
  • ICON
  • ICON AUTO
  • ICON AUTO+
  • ICON NOVO
  • ICON PREMO
  • REMstar Auto A-Flex System One
  • REMstar Auto C-Flex
  • REMstar Auto M Series
  • REMstar Auto M Series with A-Flex
  • REMstar Plus C-Flex
  • REMstar Plus M Series
  • REMstar Pro C-Flex
  • REMstar Pro C-Flex+ System One
  • REMstar Pro M Series
  • S8 レスポンド
  • S9 オート
  • S9 レスポンド
  • XT オート

参照•https://www.ana.co.jp/service-info/share/assist/cpap.html

 

 

◆こちらの記事もご確認ください◆
超小型CPAP「Z1」について

 


CPAPの自己所有をサポートします。
”CPAP-Supply.JP”
米国のCPAP販売業者とタックを組んでCPAPを安全且つ
スムーズに個人輸入できるお手伝いを行います。

ご興味のある方はこちらからその旨をお知らせ下さい。


 

無料プレゼント「CPAP輸入マニュアル」×「CPAP輸入7ステップ講座」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ